お買い得品

学校の後、運転の練習も兼ねて、ちょっとドライブしながらホールフーズへ。

 

夫とのお買い物は必要な物だけをさっさと買って済ませるけれど、今日はゆっくりじっくり見て歩きました。

 

食料品の他に買ったのは、インナー用のTシャツ、タイツ、ソックスです。

 

ちょうどタイツ二足に穴が開いたし(穴を塞いでまだ履くつもり)、ヨレヨレになったソックスは捨てたところでした。

定価で買ったら$46だけど、60%オフになってたから$18!

 

いいお買い物ができました。

f:id:chalopanda:20170304060812j:image

 

 

食いしん坊

甘いもの断ち、ユルユル継続中です。

 

週末や旅行中や外では食べるけど、買って来てまで家では食べないように気を付けています。

 でも「ひとつだけ!」「今日だけ!」と自分に言い訳してしまうことが増えています。

 

これではいけないので、おやつを作りました。

 

今回は、小麦粉は使わず、玄米粉、アーモンドパウダー使用のグルテンフリーです。

白砂糖は使わずココナッツシュガーを少なめに。バナナを入れれば甘味になります。

バターなど油は入れませんでした。

にんじんジュースの搾りかすも入れました。カラッカラに搾られてるから風味はありません。

 

こう書くとなんだか美味しくなさそうだけど、バナナ効果でけっこう美味しいです。

 

グルテンフリーは小麦粉みたいにベトベトしないから、洗い物も楽チンです。

f:id:chalopanda:20170303023406j:image

 

 

 

朝の癒し

夜はもちろん、朝もお風呂に入って温まるのが冬の日課でした。

だけど、最近だんだん暖かくなってきたし、お友達にお湯がもったいないと言われて、確かにそうだと思うようになり、朝は足湯に変更。

 

お行儀悪いですが、洗面台に座って足をお湯につけます。こうすると、すぐにたし湯できるし、バケツの後片付けもないから楽ちん。

 

コーヒーを飲んだり、本読んだりしながら15分くらい。ポカポカして気持ち良い。

f:id:chalopanda:20170301231537j:image

 

手抜きごはん。

夕食を作るのが面倒でした。

でも、今日はお弁当も作ってなかったし、老体に鞭を打って作りました。

 

豚ヒレ肉、たまねぎ、芽キャベツ、パプリカ、マッシュルーム、エリンギ、トマトの水煮を圧力鍋で煮ただけ。

 

それにルッコラと玄米ごはんを添えて、夫の好きなお味噌汁を作って、なんだかわけのわからないごはんでした。

 

私の持論は、玄米ごはん食べてればおかずがなくても大丈夫、です。

f:id:chalopanda:20170228105831j:image

鼻血

また明日から寒くなるみたいだけど、今日はとっても暖かくて、最高気温は25℃。

 

お店の中が寒かったらイヤだなと思い、長袖カットソーの下にはヒートテックを着て、お友達と韓国料理屋さんへ行きました。

 

スンドゥブを食べてたら、突然、お友達が「大丈夫ー?」って言うから何かと思ったら、鼻血が出てました。お店のおばちゃんにも心配されちゃった。

 

暑かったし、スンドゥブも熱かったし、どうやらのぼせちゃったみたい。

今日の鼻血は、更年期によくあるのぼせじゃないと思うんだけど、何でも更年期障害に結び付けて考えてしまう今日この頃です。

三連休でした。

昨日の月曜日は祝日で、こちらでは珍しい三連休。ニューオーリンズに旅行してきました。

 

ニューオーリンズへは車で7時間。旅の負担を軽くするために金曜日の夜に出発して、途中の町に一泊。

 

ニューオーリンズはちょうどマルディグラというお祭の最中で、ものすごい人出。

f:id:chalopanda:20170222070308j:image

f:id:chalopanda:20170222070352j:image

 

スペインとフランスの影響を受けた歴史と文化、ヨーロッパのような街の雰囲気と、美味しいクリオール料理。そして何と言ってもジャズ。とてもとても興味深くて素晴らしい街でした。

f:id:chalopanda:20170222070436j:image

f:id:chalopanda:20170222070854j:image

 

と同時に私の住む都市の良さも実感。というのも、この辺りには「サザンホスピタリティ」という言葉があるように、基本的に人が優しいです。だから、他の場所に行くと、こちらの明るくて優しい人たちと比べてしまいます。

 

とはいえ、ニューオリンズは前よりもだいぶ治安も良くなっているようだし、おすすめの場所です。

国民性か。

またまた学校の話です。

 

授業中、日本と違って、わりとプライベートな質問や話になることが多くて、自分のことを話す機会が多くなります。みなさん、まぁ、よく自慢します。それはごく普通なことみたい。

 

でも会話のクラスでは、それが度が過ぎて疲れます。

子どものこと、旦那様のこと、自分のこと(だいたいみなさん専業主婦だから自分の自慢といえば過去の話)、それはもう張り合うように。一人が話せば、違う人が「私だって~」と競うように言うものだから、その場の雰囲気に疲れてしまいます。

夫は有名な会社ですごい役職についていて大きな責任を負っているとか、子どもが優秀で奨学金をもらったとか、子どもが行ってる学校は優秀だとか、学費が高くていくらだとか、こんなに良いエリアに大きな家を買ったとか、有名な学校出身だとか、母国ではこんなすごい仕事をしていたとか。

程度の差はあるものの、自慢話をすることは特別なことじゃないみたい。控えめな日本人にはなかなかできないことです。

 

かと思えば、弟がアル中だとか、お父さんが銃で撃たれて死んだとか、打ち解けてもいないのに、そんな個人的な話をされてびっくりすることも珍しくありません。

とにかく、良い話も悪い話も、個人的な話をすることに日本人ほど抵抗がないようです。

 

明日の授業は、主婦の自慢話競争になりませんように~。