読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国民性か。

またまた学校の話です。

 

授業中、日本と違って、わりとプライベートな質問や話になることが多くて、自分のことを話す機会が多くなります。みなさん、まぁ、よく自慢します。それはごく普通なことみたい。

 

でも会話のクラスでは、それが度が過ぎて疲れます。

子どものこと、旦那様のこと、自分のこと(だいたいみなさん専業主婦だから自分の自慢といえば過去の話)、それはもう張り合うように。一人が話せば、違う人が「私だって~」と競うように言うものだから、その場の雰囲気に疲れてしまいます。

夫は有名な会社ですごい役職についていて大きな責任を負っているとか、子どもが優秀で奨学金をもらったとか、子どもが行ってる学校は優秀だとか、学費が高くていくらだとか、こんなに良いエリアに大きな家を買ったとか、有名な学校出身だとか、母国ではこんなすごい仕事をしていたとか。

程度の差はあるものの、自慢話をすることは特別なことじゃないみたい。控えめな日本人にはなかなかできないことです。

 

かと思えば、弟がアル中だとか、お父さんが銃で撃たれて死んだとか、打ち解けてもいないのに、そんな個人的な話をされてびっくりすることも珍しくありません。

とにかく、良い話も悪い話も、個人的な話をすることに日本人ほど抵抗がないようです。

 

明日の授業は、主婦の自慢話競争になりませんように~。